緑の生き方塾 課外授業~群生園 訪問記~学生レポート①


私は島田さんのところに行き、島田さんの考え方についてや、どのように人生を歩んできたかなどのお話を聞いたことによって、多くの自分にとってプラスになることを得ることができました。
  
私が島田さんのお話で印象に残っていることは、まず、現地で私はビニール温室の数の多さに驚いたのですが、そのビニール温室すべてを島田さんが一人で立てたというお話です。そのお話の中で「物事を進めるうえで身の程にあったレベルで行動していくことが大切」ということをおっしゃっていました。それを聞いて、自分のできることをきちんとわかった上で、目標に向かって継続的に何かをやり続けることの大切さを学びました。小学校で英語の授業をしたことについてのお話では、たとえ自分にとって困難だと思えることでも必死になってやっていけば乗り越えていけるので、どんなことにでも自分から進んで挑戦していくべきだということを学びました。また、島田さんがサボテンの中でも普通に栽培したら大きくなるまでかなりの時間を要し、他の生産者ならあまり栽培しないような種類をあえて種から育てたりする姿勢はとてもすばらしいと思ったのと同時に、他の人があまりやらないようなことでも、あえて挑戦してみるということが大切なのだなと思いまた。         以上が、私が島田さんの所に行って感じたことで、普段の生活の中では聞くことができないようなお話を聞くことでき、とても貴重な体験をすることができました。そして、「周りに流されずに自分というものをしっかり持ち、夢に向かって努力することが大切である。」という島田さんの言葉を心に留めてこれからの人生を歩んでいきたいと思います。

萩原

 

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing