GREEN UNITED-1 ~今ある気持ち~リリース!


“10000の瞳”プロジェクトとは…
シンガーの上田正樹さんを中心に行っている、震災復興プロジェクトです。
被害に遭われた方々に『今ある気持ち』の合唱を届けて、元気を取り戻すことを目的とした活動です。

3.11の震災後、宮城県の気仙沼で牡蛎の養殖をされ、『NPO法人 森は海の恋人』の代表でもある畠山重篤さんを、ソウル・シンガーの 上田正樹さんが訪ねました。
そのあまりにも残酷な惨状を目の当たりにして、上田さんは祈りを込めて、『今ある気持ち』という曲を作られました。
音楽というものは、人々の魂を揺さぶり、慰め、震い立たせてくれます。人から人へ歌い継がれ、国境さえ越えていく力を持っています。
この曲は被災地の小学校である石巻市立稲井小学校の校長先生の耳にも届き、環境的な問題や心的な影響によってしばらく歌を歌うことが出来なかった子供たちに、「少しでも明るい話題を作ろう!」ということで、合唱されることになりました。また、時を同じくして、上田さんの母校である岐阜県の高山市立松倉中学校では、被災地へのエールとして、この曲を歌おうという動きが起こりました。 このふたつの出来事がきっかけとなって、プロジェクトは始まりました。 『今ある気持ち』という曲は、音楽の力で人と人の“和”を広げて、みんなでこの国難を乗り越えていこうという考えのもとに、『緑の募金 東日本大震災復興事業応援ソング』となり、この二校の合唱を録音してCD化し、『緑の募金』へ寄付をして頂けた方にお渡しするということが決まりました。ここには、「継続性」と「発展性」が内在しています。
甚大な被害を受けた東北地方を再建し、人々の営みが正常化して、街角から笑い声が聞こえてくる、そのために。
それは元に戻すという意味での「復旧」ではなく、未来へ展望を持って、 10年後、20年後、さらに100年後という長い期間を見据えた   「復興」、つまり、 子供たちに受け継がれていくということを前提にしたものでなければなりません。
このプロジェクトは、継続的な復興支援のための資金の創出と、一過性ではない中長期を見据えた支援活動によって、「子供たちの未来へと繋がる環境」の構築に貢献していきます。
   

 10000の瞳プロジェクトソング GREEN UNITED-1 ~今ある気持ち~リリース!

1月10日、毎日新聞社と公益社団法人 国土緑化推進機構によるシンポジュウム「木が育む文化、木を育む文化」が行われました。森の恵みのもと暮らしてきた日本人。環境活動としての植樹が盛んとなり、森林育成の重要性は認知されてきました。しかしながら、木を利用すること、木を伐ることへの理解は進んでいるとはいえません。特に「間伐」は誤解されていると言っても過言ではありません。「森とともに育んだ文明」「木を取り入れた生活」をテーマに、文化的、歴史的な点から「森」を考えていくというシンポジュウムとなりました。
また上田正樹さんによるミニコンサートも行われ、皆川芳嗣林野庁長官からもお話頂きましたが、緑の募金“東日本大震災復興事業応援ソング”である『今ある気持ち』のニューヴァージョンが11月24日より、配布されるということが正式に発表となりました。

現在、全国のPRONTO店頭での配布が24日に開始されたのに引き続き、11月26日から阪急百貨店うめだ本店の1階インフォメーション、及び阪神百貨店梅田本店地下1階インフォーメーションでも12月25日までの期間限定で配布が開始されています。

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing