緊急提言シンポジウム「森と海をつなぐ日本の再出発」2011年5月12日(木)開催!


緊急提言シンポジウム「森と海をつなぐ日本の再出発」

5/12に東京 渋谷区のスパイラルホールで開催されたシンポジウム。
当組織の代表である稲本 正がオーガナイザーを務め、東日本大震災後、〈新しく日本を再建していくために〉というテーマのもと、様々な分野から有識者が集まり、意見が交わされました。なかでも実際に被災にみまわれた「NPO法人森は海の恋人」の代表である畠山重篤さんが、公の場への参加としては震災後初めてという、貴重な場となりました。

当日は雨脚の強い平日にも関わらず、会場整理券は5分で無くなり、立ち見の人もエントランスに収まりきれずに外の国道246にまで届くほどで、人々の関心の高さが伺えるものでした。そしてこの災害をどう捉えて、今後の日本、文明について、さらに人類がどう生きるかというその基本から考え直すことについて、それらのヒントとなることに溢れたシンポジウムでした。

この模様は、ユーストリームでご覧頂けます。 こちらから

■パネリスト
稲本 正 (オ―クヴィレッジ代表 LLC 緑の惑星プロジェクト代表)
畠山 重篤 (NPO法人「森は海の恋人」代表)
C・Wニコル (作家、環境保全活動家、探検家)
高見 裕一 (元衆議院議員)
大熊 孝 (新潟大学名誉教授 河川工学専門)

■コーディネーター/司会
宮林 茂幸 (東京農業大学教授・美しい森林づくり全国推進会議事務局長・LLC 緑の惑星プロジェクト)

稲本 正が雑誌『サライ』6月号で巻頭フィーチャー


稲本 正が雑誌『サライ 』6月号で巻頭フィーチャーされています。

本組織の業務執行役である吉田彰による「緑の生き方塾」 スタート!


緑の生き方塾は、緑の惑星プロジェクトが活動の一環として行っているトークイベントです。
現在第一線で活躍されている“緑”に携わるプロフェッショナルたちに、専門としている仕事への情熱や面白さを語ってもらうことで、その魅力的な生き方を紹介していくというものです。

現代の日本がどこかに置き忘れてきてしまった、お金より、物より、もっと大切な何か。緑の生き方塾は、可能性を秘めた芽を眠らせているあなたへ、それが芽吹くきっかけとなるような、新しい生き方の指針を見つけられる課外授業です。

オ―ガ―ナイザ―は本組織の業務執行である吉田彰です。

第1回ゲスト 島田明彦 プロフィール

サボテンの研究をするために、東京農業大学農学部農学科に入学。同時に(財)進化生物学研究所にも所属する。植物の”新種発見”のエキスパートとして世界的に著名なアルフレッド・ラウ博士とともに、メキシコにおける多肉植物の自生地調査を行った。また青年海外協力隊・中国派遣(職種「きのこ」)を経て、施設園芸を起業。ゼロから起業した数々のエピソードは、講演会などで多くの若者たちの心を掴んでいる。

続きを読む

「緑の生き方塾」第1回無事終了


緑(=植物や自然など)にかかわるちょっとユニークなゲストを迎え、その生きざまから何かを学んでいただく趣旨のワークショップ、「緑の生き方塾」の第1回を去る4月23日に開催しました。

ゲストは、サボテンや多肉植物の鉢物を生産する島田明彦さん。
メキシコでのサボテン自生地の調査、会社員、青年海外協力隊などで経験を積み30歳にして自分の事業を一からスタートさせた人です。

当日はあいにくの荒天でしたが、島田さんが語る、波乱万丈ではあっても揺らぎのない人生に会場は熱気に包まれました。参加者の半数近くは大学生で、終了後も島田さんを囲み質問攻めに。幸先のよいスタートを切ることができました。

当初は毎月開催する意気込みでしたが、今回の経験から質のよさを保ち続けるとなるとさすがに荷が重く、隔月とさせていただきます。

次回は6月25日(土)。ゲストはこだわりの異色造園家、田中哲さんの予定です。

吉田 彰

緑と生き方塾 第1回 2011年4月24日(土)開催!


第1回ゲスト:島田 明彦氏(サボテン研究家)


サボテンの研究をするために、東京農業大学農学部農学科に入学。同時に(財)進化生物学研究所にも所属する。植物の”新種発見”の エキスパートとして世界的に著名なアルフレッド・ラウ博士とともに、メキシコにおける多肉植物の自生地調査を行った。また青年海外協力隊・中国派遣(職種 「きのこ」)を経て、施設園芸を起業。ゼロから起業した数々のエピソードは、講演会などで多くの若者たちの心を掴んでいる。
続きを読む

本組織の業務執行役である宮林茂幸が雑誌『環境会議』2011年春号で巻頭フィーチャー


本組織の業務執行役である宮林茂幸が雑誌『環境会議』2011年春号で巻頭フィーチャーています。