緑の生き方塾 〜Green Worker列伝〜

第1回 ゲスト

島田 明彦

島田 明彦(サボテン研究家)

サボテンの研究をするために、東京農業大学農学部農学科に入学。同時に(財)進化生物学研究所にも所属する。植物の"新種発見"のエキスパートとして世界的に著名なアルフレッド・ラウ博士とともに、メキシコにおける多肉植物の自生地調査を行った。また青年海外協力隊・中国派遣(職種「きのこ」)を経て、施設園芸を起業。ゼロから起業した数々のエピソードは、講演会などで多くの若者たちの心を掴んでいる。

日時 2011年4月23日土曜日15時開始
場所 東京農業大学
食と農の博物館内セミナールーム(地図
受講料 学生500円
一般1,000円(申し込み制)
※当日は島田氏が手がけている、世界でも貴重なサボテンや多肉植物の販売会も行う予定です。
吉田 彰

吉田 彰(植物学者)

東京情報大学教授、東京農業大学講師、(財)進化生物学研究所 主任研究員
動植物共に固有種が豊富なことで有名な島・マダガスカル。そこで、失われた森の再生活動に取り組んでいる。1973年に初めてマダガスカルを訪れ、その豊かな自然に感動。しかし、その後何度か訪問するたびに森林の荒廃が進むことに心を痛め、1990年にボランティア団体「サザンクロスジャパン協会」の設立に参画。 以降20年にわたり植林活動に取り組んできた。その間植えた樹木は11万本を超える。2010年にはその功績から、マダガスカル独立50周年に際して、シュヴァリエ (騎士) Chevalierの称号を受勲。 今年1月に放送された「NHKスペシャル 福山雅治ホットスポット 最後の楽園マダガスカル」ではスペシャルアドバイザー を務めている。