“THE OAK TREE” SONG PROJECT

本プロジェクト名にある”THE OAK TREE”とは、アメリカの詩人Johnny Ray Ryder Jr.の詩に由来しています。
一本の木が強い風に吹きさらされ、揺さぶられて、葉が一枚も無くなって丸裸にされても、大地に強く根を張り、生まれたその場所で頑張って生きている、という内容の詩です。


このプロジェクトは、緑の募金/公益社団法人国土緑化推進機構の賛同を得て、
『10000の瞳プロジェクト』として、近日、生まれ変わります。

THE OAK TREE

A mighty wind
blew night and day
It stole the oak tree’s leaves away,
Then snapped its boughs
and pulled its bark
Until the oak was tired and stark.
But still the oak tree held its ground
While other trees
fell all around.
The weary wind
Gave up and spoke,
"How can you still be standing Oak?"
The oak tree said,
"I know that you
Can break each branch of mine in two,
Carry every leaf away,
Shake my limbs, and make me sway.
But I have roots
stretched in the earth.
Growing stronger since my birth.
"You’ll never touch them,
for you see,
They are the deepest part of me.
Until today, I wasn’t sure
Of just how much I could endure.
But now I’ve found,
with thanks to you,
I’m stronger than I ever knew."

Johnny Ray Ryder Jr. ©Hallmark Inc.

ナラの木 (高槻成紀訳)

たいそう強い風が吹きました
昼となく夜となく
ナラの木のすべての葉っぱを吹き飛ばし
枝をびゅんびゅんと揺らし
木の皮も引きはがすほどでした

ついにナラの木は丸はだかになってしまいました
それでも地面にしっかり立っていました
ほかの木はみんな倒れてしまいました

くたびれてしまった風は
あきらめて言いました
「ナラの木よ、どうしてまだ立っていられるのだい?」

ナラの木は言いました
「あなたは私の枝を折ることも
すべての葉っぱを吹き飛ばすことも
枝を揺らすことも
私をゆさゆさと揺することもできます

でも私には大地に広がる
根っこがあります
私が生まれたときから
少しずつ強くなりました
あなたはこの根っこには決してさわれません

わかるでしょう
根っこは私のいちばん深い部分なのです

実は今日まで
私はよくわかっていませんでした
自分自身がどれだけものごとに耐えられるかを
でも、今おかげでわかりました
自分が知っていたよりも

私はもっと強くなったのです」